top of page
IMG_7725.jpg
IMG_6990.jpg
IMG_6396.jpg
IMG_2805.jpg
IMG_6280.jpg
IMG_6439.jpg
IMG_6440.jpg
1806B8A2-5B23-43F4-A5FD-B6C33C262617.jpg
IMG_2670.jpg
IMG_2667.jpg
IMG_6984.jpg
IMG_6480.jpg
IMG_6591.jpg
About

はじまりの物語

もともと「モノづくりする人」と「仕事」をマッチングする仕事をしていました。その中で、どうして多くの人が『クリエイティブなことはできない/自分にはわからない』と思ってしまうのか?それは自分自身で個性を抑えてしまうこと。なら「個性や創造性を応援できる環境があればいいのでは?」「じゃあそれってどんな場所?」と考えるようになりました。そんなとき友人から、日本では不登校だった娘を連れてポートランドに突撃移住するという話を聞きました。子供に対する深い愛情を感じ、その冒険の先に何かがあるような気がして、1ヶ月後には飛行機に乗り、旅先で深い衝撃を受けることになります。

 

このプロジェクトは米国ポートランドで「ないなら作ろう!」「みんな変わってて、いいじゃないか!」という創造的で共助に溢れる気づきをもとに2018年10月に事業計画をつくり仲間を集めました。


2019年は、仲間とともにポートランド合宿し、ポップアップイベントでモノ作りバーのデモンストレーション、店舗のリノベーションは廃材を使ってDIY、創業支援金を集めるクラウドファンディングでは165%の成功と駆け抜けてきました。

事業をスタートしてから、関わる人たちの笑顔が溢れ、とてつもない手応えを感じています。
​大量生産、大量消費、大量廃棄にいつの間にか流されているマインドが、環境を悪くし、自分たちが本当に求める幸せから遠ざけているのかもしれません。


私たちがまず始めたBARでお酒を飲みながらモノ作りする試み。その材料は、もともと捨てるものを活かした素材なので、それに何か付加価値を感じ、モノ作りにチャレンジしていただくことにとても大きな意味があります。多くの人に体験してもらいたい。
 

将来は、企業や家庭から不要とされるものをみんなで持ち寄ったクリエイティブ・リユースセンターをつくりたいと思っています。

ゴミだと思っていたものが実は誰かの宝物になる、想像力を刺激する循環環境の実現。
そんなワンダーランドを「もったいない」という言葉を持つ、日本に創りたいと考えています。

​代表 こじまさちよ

Project

事業内容

IMG_0179.jpeg

体験の提供

Experience

誰もがアップサイクル のものづくりができるRinne.bar(リンネバー)運営。
イベントや学校、研修において
出張営業もいたします。

IMG_8894.jpeg

付加価値の提供

Upcycle

廃材を研究し、様々なクリエイターやメーカーとマッチング。アップサイクル商品開発を支援します。

C7ABA227-58BD-4AFC-95A2-8CD24B86D6DC.jpe

学習機会の提供

Education

これまでの大量消費、廃棄に流されてきた思考を一度ふりかえり、新たな着想を得る学習機会をつくります。

Service

サービス

  • 企業研修

  • 教育研修

  • 商品開発・サービス設計

  • 空間演出・人材育成

  • イベント企画・出店

  • ​アップサイクルアート

IMG_4370.jpeg
Member

メンバー

スクリーンショット 2022-03-24 12_edited.jpg

​小島 幸代 

Kojima Sachiyo:さちよ

​発起人・代表

大学でデザインを学んだ後、クリエイティブに特化した人事コンサルティングに16年従事。“不要になったものをアイデアや想像力で楽しく活かす思考”が環境や社会を良くするという考えのもと、現在は企業や行政、教育機関の「捨てる/捨てないデザイン」の研修講師、ファシリテーション、プロジェクト・アドバイザー、クリエイティブディレクションを手がける。

content_faea5900d7a07e50de5ae298d6c57ae6

西田 治子

Nishida Haruko:ハルさん

経営企画

19年間外資コンサルティングファームでコンサルタントと北アジア地域のリサーチマネージャーを担当した後、ソーシャル・イノベーションを推進するさまざまな社会事業に従事。RINNEでは経営企画に関わる。クリエイティブ・リユースセンター等、地域で、廃材を含めたあらゆるリソースを活用・循環させ、小さな経済を回して豊かにする仕組み作りに邁進している。

スクリーンショット 2022-03-24 12.20.57.png

成田 友彦

Narita Tomohiko : マドル

店舗マネジメント

大手コーヒーチェーンやクラフトジンをテーマとしたレストラン等で飲食マネジメントを経験。RINNEでは飲食を通した心地よい環境をつくっている。

スクリーンショット 2024-01-09 18.33.57.png

山浦 あかり

Yamaura Akari:あかり

アシスタントプロデューサー

大学3年生の時にRinne.barにお客さんとして来店。それ以降、インターンとしてお店の運営に関わる。マレーシア留学を経て2023年4月に入社。RINNEの創造力のスイッチを押せるような体験の場、多様なモノ・ヒトがつながるハッピー環境をグローバルに広げていきたいと考えている。
>>インターン記録はクラファンにて応援いただき一冊の本になりました!

スクリーンショット 2024-01-09 18.34.17.png

飯嶋 千尋

Iijima Chihiro :ちっぴー

サービスデザイナー

大学3年生の時にRinne.barにお客さんとして来店。それ以降、インターンとしてお店のサービスに関わる。2023年4月入社。幼少期から保育園に勤める母の影響で小さな人たちとのコミュニケーションが得意(保育士)。ゆくゆくは大人も子どもも楽しめるRINNE保育園をつくる夢を持っている。
>>インターン記録はクラファンにて応援いただき一冊の本になりました!

Partner

協力企業・団体(順不同・敬称略)

mistletoe-logo-clear-yoko-green-1.png

未来に直面する世界の大きな課題を解決するため、その課題解決に寄与するスタートアップを育てることをミッションとしているコレクティブインパクトコミュニティ

kufu

捨てるものをすでに「あるもの」として捉え「あるものでつくる」をモットーに逆境も工夫で乗り越え、あるものを使って工夫で世の中をちょっと愉しくするクリエイティプ集団。福祉施設とパートナーシップを組み poRiff/paperfuというブランドを展開している

スクリーンショット 2024-06-06 9.40_edited.jpg

DIY BARは米国オレゴン州ポートランドにあるクラフトビールを飲みながら、誰もがクラフトを楽しめる場所。Rinne.barのお兄さん的存在。

whw

”世界各地の女性達がつながり、助け合い、共に生きて行くということ”を基本コンセプトとして設立した一般社団法人
 

まちづくりたいとう

東京都台東区及び周辺地域において住宅地の良好な住環境の維持管理や景観まちづくりの活動を支援し、良好な地域コミュニティづくり、地域経済の活性化を推進しているNPO団体

HUMORABO

「 福祉とあそぶ 」をテーマに、デザイナーならではの視点で、社会と福祉の楽しく新しい関係をつくっている前川雄一と亜希子によるデザインユニット

ucycle

”表現の行き交う、関係性づくり”をテーマに公共空間を活用したマーケット「墨の市」や野外映画祭「すみだパークシネマフェスティバル」、墨田区押上エリアでのことを起点としたまちづくりプロジェクトなど様々な場づくりを行っている、墨田区を拠点とした関係支援会社

HARCH

社会を「もっと」よくするためのアイデアを集めたウェブメディアIDEAS FOR GOODほか、9つを運営しているB Corp™認証取得のメディア・カンパニー

yukuido

YUKUIDO

東京、台東区東上野にあるリノベーションを得意とする工務店。事務所がある廃工場をリノベーションした複合施設「ROUTE89 BLDG.」はブックカフェと植木屋、たまに音楽ライブが開催される。「ゆくい堂」は「休憩所」という意味

TOMOS COMPANY

福祉の未来に明かりを“灯す”意味で「TOMOS」と名付けられた栃木県宇都宮市の就労継続支援A型B型事業所

スクリーンショット 2024-06-06 9.42.10.png

SCRAPは米国オレゴン州ポートランドにある寄付型のクリエイティブ・リユース・ストアと寄付センター。教育プログラムと手頃な価格の材料を地域社会に提供することで、創造的な再利用と環境的に持続可能な行動を推進している

bottom of page